flag.jpg

KUMATAKA_ID.jpg

サイト内検索

 サイトマップ  文字色の変更 標準青黄色黒  大きな文字標準小さな文字

HOME > 教育の方針

教育の方針

 本校創設以来努力してきた「士君子」たるの修養を目標とし、 徳性、智能、体力ともにすぐれた人物の養成を図る
来れ「士君子」
熊本高校がモットーとするところの「士君子」は、21世紀国際社会にリーダーシップを発揮する能力と異質な文化に対する柔軟 な心を備え、しかも、いついかなる時も品位ある態度を堅持することのできる人間である。時代の流れがどのように変わろう とも、熊本高校は、この「士君子」の精神を標榜し続け、人材の育成の柱とするであろう。

本校の目指す人物像(SI)

深い自己理解のもと、個性を生かし、
社会に積極的に関わっていく、
自立した個人


SI(スクール・アイデンティティ)~校訓とはどう違うのか?

本校の目指す人物像として誰もが認める「士君子」というものがあるのですが、この「士君子」というものは、解釈の自由度が大きく、個人や時代によってその解釈には差が見られます。この「士君子」を、校訓にある「立志篤行」を踏まえ、現代的にアレンジしたものが上の「人物像」です。

どのようにしてこの人物像は決められたのか?

この決定に至るまでには、全職員が参加してのグループディスカッションや職員会議を20回以上開いて、議論を尽くして職員の総意のもとに決定したものです。

この人物像にはどのような想いが込められているのか?

平易な言葉で表現してあるが、この言葉で表現された人物像は、ぼんやりとしている、また、熊高に限らず、どの学校にも言えることで、どこに熊高の独自性があるのかといった印象を持った方もいらっしゃるかもしれません。それは、本校が目指す人物は、広い教養をもったジェネラリストだからです。「真のスペシャリストは、一流のジェネラリスト」です。高校時代には、一流のジェネラリストの基盤をしっかり作り、大学そして社会で真のスペシャリストになって欲しいという想いが込められています。
自己理解、個性、社会、自立の4つがキーワードです。その中でも、「社会に積極的に関わっていく」という表現には、時代の要請を感じ取り、それぞれが属する集団の中でリーダーとして活躍していく気概をもって欲しいという想いが込められています。

高校時代に何をすればいいのか?

この人物像は、高校を卒業し、大学・社会に出て、その後も追い求めるものでもあります。ですから、高校時代は、そのための基盤作りをすることになります。

授業、読書、芸術、部活動、友人や先生とのふれあい等、あらゆる活動を通して、自己を理解し、個性の発見に生徒諸君には、つとめてほしい。ボランティア活動や体験学習、新聞、TV等を通して、社会に触れ、社会に目を向け、そして、自分で設定した目標を達成するために、自主自立の精神を発揮し、主体的に活動することを生徒諸君は期待されています。

お願い

本校での活動はすべて、この人物像に到達するための活動であることが強く意識され、企画・実践されます。日頃からこの人物像を意識し、本校での諸活動をご援助ください。

copyright(c)2008-2015 Kumamoto High School All rights reserved.