flag.jpg

KUMATAKA_ID.jpg

サイト内検索

 サイトマップ  文字色の変更 標準青黄色黒  大きな文字標準小さな文字

HOME > 江原エピソード > 熊本文教発祥の地・藪の内

熊本文教発祥の地・藪の内

 現在はホテルキャッスルや旧九州電力熊本支店のある付近(城東町)は、昔藪の内町と呼ばれていた。ここは古く向蓮寺という天台宗の巨刹があってその境域の竹林からその名前が起こったといわれている。次の図は明治14年(1881)当時の略図である。
yabunouchi.jpg 熊本県師範学校は明治11年(1878)に新町からこの地に移転し、京町に再び移転する同26年(1893)まであった。中学校というのは旧県立熊本中学校である。明治12年に創設されたが、政争のため同21年(1888)に廃止された。また医学校というのは明治11年に創設された県立医学校で、これも同21年に廃止されている。
 このようにして空いた土地に移転してきたのが、九州学院である。これは私立の済々黌・春雨黌・文学館・熊本法律学校が合同したもので、明治26年(1893)のことである。さらに同27年にはまた九州学院普通学部は分離独立して済々黌という旧名称に復し、他の学部は移転・廃止して藪の内には済々黌だけが残ったのである。そして明治33年(1900)に済々黌は二分割になり、第一済々黌は黒髪に移った後済々黌と改称し、第二済々黌は熊本中学校と改称した後、同37年に大江に移転したのである。その後には県立高等女学校(現在の第一高等学校の前身)が明治38年(1905)に移転してきた。また九州学院解散のとき私立熊本医学校が移転してきており、同37年(1904)には私立熊本医学専門学校(現在の熊本大学医学部の前身)となった。
 このように藪の内町は、本県で現在まで残る伝統のある諸学校や大学が巣立っていった熊本文教発祥の地といえる。

copyright(c)2008-2015 Kumamoto High School All rights reserved.