江原会事務局

HOME > ライブラリー > 江原会史

江原会史 (熊中・熊高百年史より転載  ※内容は平成12年当時のものです。

 
トップ |江原会のあゆみ |江原会史
Vol.6 100周年(平成12年)に向け本格始動
平成12年、2000年の秋、熊本高校は創立100周年を迎える。江原会ではこれにあわせ、百年史編纂、国際交流、クラブ振興、教育循環の充実、式典、大同窓会、講演会、芸術祭、資料展、スポーツ交流、記念旅行など、さまざまな記念事業を準備している。記念すべき時に当たり、目標に掲げられたのが、未来を見据えたグローバルな視点からの「人材の育成」。1.教育充実基金を設立し、 2.その運営母体として公益法人を創設し、3.後輩たちの人材育成を応援する、ことに決定した。これに向け、2億円の募金目標を掲げ、募金組織を整えて努力している。 百周年シンボルマーク 
また、NoblesseOblige(高貴な業務)の教育理念が「士君子」にも通じる英国の名門パブリックスクール「イートン校」などと国際交流を図る。同校へは既に1996年から毎年、生徒20~30名がサマースクールに参加しているが、その継続や交換留学、部活動の交流、イートン関係者の訪日時の熊本招待など、学校の計画に沿って物心両面からの支援が考えられている。百周年時には特別な交流も計画されている。また、県全体の教育レベルの向上にも寄与するため、いずれは法人を組織し先生方の研修を行うことも検討。息の長い交流を目指している。推進委員会を引き継ぎ、いよいよ100周年実行委員会が本格的に活動している。未来へ羽ばたく皆さんたち、忘れないで欲しい。あなたたちの存在の一番根っこの部分には江原会のあることを。いつの時にも先輩方は一丸となって、その時々のテーマに取り組んでこられた。伝統は単なる踏襲ではなく創造だ。 だから作り上げて欲しい、江原会の明日を。

 

Copyright © 1999-2012  Kogenkai Office  All Rights Reserved.  ■江原会事務局 TEL/FAX: 096-362-5866