江原会事務局

HOME > ライブラリー > 江原会史

江原会史 (熊中・熊高百年史より転載  ※内容は平成12年当時のものです。

 
トップ |江原会のあゆみ |江原会史
第一節 江原会とは
江原会とは、熊本中学・熊本高校を通じての同窓生の集まり、同じ大江の地で学んだ者の同窓会である。
少人数の、卒業生有志の自発的会合として始まったのだが、時とともに大河となり、既に卒業生は三万人を越え、毎年四百余名を加えている。
規模拡大に連れ組織にも改良が加えられてきた。現在は全国組織である「江原会」の元に、実質的な活動主体である地区江原会と支部が組織されている。「江原会」は、会則に定められた活動、1、母校の発展に寄与すること 2、母校創立10年ごとの祝賀の行事と事業、3、名簿の発行、ほかを行っている。
このうち、3、名簿の発行では、最新版は平成七年(一九九五)版であり、B5版千五ページ、江原会事務局において、税込み価格五千円で会員に限定して販売している。またすでに、次の版の発行に向けて準備をしているところである。
1、母校の発展に寄与すること 2、母校創立10年ごとの祝賀の行事と事業、については、次項以降に述べることにする。
各地区江原会の内部組織や活動内容については、後で詳しく述べることにするが、藤崎宮秋季例大祭参加で知られる「青年江原会」と、旅行部会は、地区江原会「熊本江原会」の下部組織として位置づけられている。
こうした、全国に認知された組織とは別に、各地域、各職場、卒業学年あるいは部活動の同窓生などの交流の場としての、独自の組織と活動を持つ団体が多数存在し、かなり大規模なもの、新たに誕生したもの、と多種多様である。
会員間の交流をさらに盛んなものにするために、インターネットを経由した交流が考えられる。「青年江原会」は組織としてホームページを運営しているし、
 http://www.hmc.gr.jp/~s-kogen/
有志の方が開いた「江原会」の公認ホームページもある。
 http://www.kogenkai.net/
中を開いてみると、有益なあるいは面白い情報、小会合の案内、会員名簿など、興味深い記事が多数掲載されている。
 平成十一年八月には、江原会事務局のホームページも運用を開始した。

表1 江原会                 
表2 江原会事務局・地区江原会事務局

 

Copyright © 1999-2012  Kogenkai Office  All Rights Reserved.  ■江原会事務局 TEL/FAX: 096-362-5866