江原会事務局

HOME > ライブラリー > 江原会史

江原会史 (熊中・熊高百年史より転載  ※内容は平成12年当時のものです。

 
トップ |江原会のあゆみ |江原会史
第五節 江原会の今と将来(6)
福岡江原会

 福岡江原会は、昭和四十八年(一九七三)、福岡江原会の元顧問の、故今村寛(中26)らの尽力により、第一回福岡江原会を開催し発足した。当会は事務所があるわけではなく、又会則もなく、従って会員もお互いの情報を持ち寄ってまとめた状況だった。その後、江原会名簿の編纂もあり、現在では約千四百名の会員を把握している。また、総会は年一回の割で開催しており、平成十年度で二十六会を数えるにいたり、総会への出席者も毎年百名程度に上っている。
 平成十年度の総会を期に松本金也(中37)が会長を勇退し、新会長に松尾新吾(高9)を選出した。新体制の発足に際し、「楽しい会」「有意義な会」「しっかりした運営」をモットーに当会の発展を期すことにした。
 当会は年一回の総会開催にとどまるという非情に脆弱な組織ではあるが、年一回の総会には、江原会事務局長をはじめ、青年江原会の有志諸君ほか来賓の出席をいただき、小さいながらも老若相集い、歌あり太鼓ありの楽しい会となっている。福岡は博チョン族という言葉もあるように支店・支社が多いため、当然転勤族が多く、又学生も多いことから会員の把握が難しいのがつらいところである。会の運営等厳しい面もあるが、会長以下、幹事、事務局団結して、会の発展を期したいと思っているところである。
(福岡江原会活動スローガン)
  ◎楽しい会              
    話して楽しい           
    飲んで食べて楽しい        
    イベントが楽しい         
  ◎有意義な会             
    旧交を温める           
    友人の輪が広がる         
    仕事にも役立つ          
  ◎しっかりした運営          
    総意を取り入れる         
    役割分担を明らかにし、協調して運営
 平成十一年度役員・幹事・事務局
会長   松尾新吾(高9)
副会長  谷井博美(高11)
副会長  古川昭尋(高16)
顧問   松本金也(中37)
幹事長  山本宣哉(高13)
事務局長 吉本正彦(高25)
連絡先  九州電力㈱系統運用部中央給電司令所(藤田)
〒810ー8720福岡市中央区渡辺通り二丁目一番八十二号電話 092ー761ー3031(内線4282)
(藤田光一=高34=の記したものを要約)

 

Copyright © 1999-2012  Kogenkai Office  All Rights Reserved.  ■江原会事務局 TEL/FAX: 096-362-5866